HOME > Q&A

Q&A

消極的な息子ですが、プールは長続きするかしら?

大丈夫です。
CACのコーチ陣は、プロの目で子供一人ひとりの能力を把握し、泳げるようになる喜びがもてるよう、適切な指導をしています。レッスンの内容は、子供たちが「楽しみながら成長する」レッスン。お母さまは、子供が何かできるようになったら、話を聞いて、どうぞほめてあげてください。

水泳は体によいと聞きますが、子供にはどんな効果がありますか?

運動能力、心肺機能が向上します。
手で水をかき、足で水を蹴るといった全身運動で、運動能力が向上し、さらに心肺機能もアップします。ただ、短期間で効果があらわれるわけではありません。まずは継続することが大切なので、気負わずに通わせてみてください。体力と同時に精神面でも成長していくのがわかります。

子供の頃からずっとカナヅチです。大人になった今からでも泳げるようになりますか?

ご安心ください。
スイミングをはじめる年齢に、 早い、遅いは関係ありません。むしろ、自己流でなんとなく泳いでいるより、大切な基本を丁寧にマスターしていきますので、カラダに無理なく、綺麗なフォームで泳げるようになります。臆病にならずに、気軽にはじめてみましょう。

水の中を歩くだけでもいいと聞いたのですが、本当ですか?

そのとおりです。
たとえばフリーで泳げるコースでは、歩いたり、泳いだり、皆さん思い思いにマイペースで楽しんでいらっしゃいます。
水の中では歩くだけでも負荷がかかるので、心地よい運動になるのです。さらに水の浮力が働くので、足腰が弱った方でも安心です。健康づくりにシェイプアップに、効果テキメンですね。

マスターズに参加したいのですが、どのようにすればよいのですか?

当スクールに入会した上で、「マスターズ登録」という手続きを行ってください。
1年間の登録で、1,500円となります。毎年11月頃にスクールの方から「登録のご案内」が配布されます。もちろん年の中途からの登録も可能です。また「100歳登録」というものもありまして、この場合は1度登録すれば、生涯にわたって有効となります。登録料は25,000円となります。登録をすると、「マスターズ登録証」が交付されます。こちらは大会参加やメダルの引き換えに必要となります。また、「マスターズニュース」が配布されます。
「水泳を生涯続けていく」という気持ちのある方、また毎年の登録更新が面倒な方は、ぜひとも100歳登録をお勧めします。

マスターズの参加資格について詳しく教えてください。

当スクールに入会した上で、18歳以上で定期的に水泳の練習をされている方(但し高校生や学生の方で、日本水泳連盟学生委員会に選手登録している方は不可)ならだれでもOKです。

マスターズの登録するとどんなメリットがありますか?

全国各地で開催されている日本マスターズ水泳教会の主催、公認大会の参加資格を得られます。大会の記録は公認記録とされ、記録証が交付されます。(大会記録、日本記録、世界記録)
毎年、チームとしては以下の大会に出場を予定しています。
試合会場は主に千葉県国際総合水泳場(習志野市)

●CMC新年フェスティバル(1月)長水路
●新春マスターズ短水路千葉大会(2月)
●FIAマスターズ(2月)長水路
●日本マスターズ短水路大会(4月)
  ※短水路とは25mプールで行われるものです。なお、この大会は全国各地で行われております。
  
●ジャパンマスターズ(7月)長水路
  ※2016年は千葉で開催されたため、多数の参加がありました。主に東京となりますが、こちらについても会場が変わることがあります。

●八千代市市民水泳大会(7月)短水路
  ※マスターズ登録なしでも参加可能。

●千葉チャレンジカップ(8月)長水路
  ※マスターズ登録なしでも参加可能

●ウーマンズ・スイム・フェスティバル(10月)長水路
  ※女性のみが参加できます。イベントもたくさんある楽しい大会です。

●千葉マスターズ(10月)長水路

●日本マスターズスプリント(11月)短水路


泳ぎに本当に自信がありません。そのような人でもマスターズに参加できますか?

はい。最低でも1つの泳法で、25m泳ぐことができれば少なくても短水路(25mプールを使用する)の大会には参加できます。

マスターズはいつ活動していますか?

スクールとして水曜日と土曜日の夜に開設しています。
ジュニア選手クラスの練習方法を大人向けにアレンジした練習メニューで行っています。またパドルやフィンを使用した練習も行っています。メンバーの方は出席率がよく楽しく練習されています。

マスターズにはどのようなメンバーがいらっしゃいますか?

2016年10月現在、男性3名・女性5名の合計8名です。年齢層としては30代から70代までいます。
設立された頃と比べ世代交代や退会等でかなり入れ替わっていますが、メンバー同士で楽しく練習や大会に参加しています。ここ最近は練習の出席率や大会参加率が非常に良くなっています。そして泳力も相当ついてきました!
現在人数が少ないこともあり、リレー種目にはなかなか参加できていません。早く10名台(二桁)の人数に乗せて、もっとにぎやかに、そしてリレー種目にも積極的に参加できるようなチームを目指したいところです。

「マスターズ大会」とありますが、登録された方は参加しなければなりませんか?

いいえ。参加されるかどうかは本人の自由です。

「マスターズ大会」はいつごろ開催されていますか?

先に挙げたように、室内プールを使用しますので、年間を通して開催されています。殆どの大会は土日祝日に開催されるので、その時期に休暇が取れる職業でしたら、参加できないということはないと思われます。

「マスターズ大会」は速く泳げる人ばかりが参加しているのですか?

確かに速く泳げる人もいらっしゃいます。しかし、たとえ記録が遅くても、それが恥ずかしいことではありませんし、そういう人たちも大会には多数参加されています。あくまでも周りとタイムを比較するのではなく、「自分の目標に向かって取り組む」ことが最も大切なことだと思います。さらに、「10年連続出場」「20回出場」など、長年にわたって毎年のように出場する人達を表彰する大会もあります。「継続は力なり」と昔からよく言われていますが、大会に出場しつづけることも、大変に名誉なことだと思います。昨年、「10年連続出場」でチームメンバーで表彰者が出ました。

「マスターズ大会」に参加することで、何が得られますか?

私見としては以下のようなことを挙げてみます。
●共通の趣味を通して、職場などとは違った、仲間同士の親睦を深めることができる。
●目標を持って、普段の練習に取り組むことができる。
●他のチームの人たちの上手な泳ぎを見て、それから学ぶことができる。
●水泳用品が割引価格で購入できる。(必ずといっていいほど売店が出店しているため)
あとは、実際に参加して、その雰囲気を体感してみるのはいかがでしょうか?

「マスターズ大会」に出場する人たちは、それに対応した練習をされているのしょうか?

2007年4月より成人コースの中に「マスターズ」のコースが設置されました。健康と体力づくりといった目的に加えて、さらに大会で力が出せるような練習を取り入れています。週2回では足りない!という方もいらっしゃいまして、スクール内の別メニュー(スイムサーキットクラス、4泳法の昼間クラスやフィットネス会員)に参加される方、また外部の練習会にも行かれている方もいらっしゃいます。
外部の練習会では、気愛水泳塾に参加されている方が多いようです。

普段からの練習は欠かせませんか?

はい。普段きちんと練習していないと、大会に出場してもいい結果を残すことは難しいと思いますし、何と言っても「怪我」をしやすくなってしまいます。風邪を引いても無理をして泳ぐことはできるかもしれませんが、怪我をしてしまうと、いくら身体が元気でも、泳ぐことが全くできなくなることもあります。
実際、 当スクールでは練習前にしっかりと準備体操やストレッチ体操をを行っています。水泳は一生続けられるスポーツのひとつです。怪我や病気に気をつけて、末永く楽しみましょう。

このページのトップへ